このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛に効果のあるプロペシアってどんなもの?

売れるにはワケがある濃密育毛剤BUBKA
AGA(男性型脱毛症)やM字ハゲなど、薄毛にお悩みの方から、「対策はしているけど良くならない!」、「色々な育毛剤を試したけど効果がない!」という声を最近よく聞きますが、そんな方が行き着く答えの一つにプロペシアが挙げられます。

プロペシアは日本でもメジャーなAGA対策薬品として有名ですが、どんな効果があるのでしょうか?プロペシアで薄毛改善を考えている人は必見です!

プロペシアとは?

プロペシアとはアメリカの製薬会社メルク社が開発した、1日1回の内服タイプの薄毛治療薬です。現在、世界60カ国以上で承認されており、「薄毛は病院で治療する」という認識を広めた治療薬としても有名です。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として、プロスカーという商品名で処方が開始されていました。しかし、用量の研究によってAGAなどにも効果が見られたことから、薄毛症状の治療薬としても認可されました。

日本でのプロペシアの認知度

日本では、2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をした後、2005年の12月より国内にて発売が開始されました。国内でプロペシアを処方する医療機関は3万施設以上あり、服用する人も20万人近くいます。薄毛の治療薬としてはメジャーな存在と言えるでしょう。

ちなみに、現在日本国内で正規に流通しているプロペシアはMSD株式会社によるものだけです。海外のジェネリック医薬品などを手に入れるには、個人輸入代行サービスなどを利用する必要があります。また、その際の副作用に関しては完全に自己責任となってしまうので注意が必要です。

プロペシアの効果

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、髪の成長に欠かせない毛乳頭の働きを阻害することにあります。一度AGAが発症すると、自然治癒することは難しいのが現実です。症状が進行するにつれ、髪は徐々に細く、弱々しくなっていき、抜け毛も増えていきます。

しかし、プロペシアの中に含まれるフィナステリドという成分には、原因となるDHTの働きを抑制する効果があります。実際にプロペシアを使用した人の感想に「皮脂の出る量が減った」というものがありますが、これはDHTの働きが抑えられている証拠です。

プロペシアによって皮脂が減り、頭皮のベタつきや毛穴の皮脂詰まりがなくなると、毛髪が育成しやすい環境になります。細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴から毛髪が成長することが期待でき、薄毛改善に役立ちます薄毛の改善に役立ちます。

また、フィナステリドは最も推奨出来る成分として、歴史ある日本皮膚学会でも紹介されており、プロペシアが頭皮の改善に高い効果があることを裏付けています。

効果があるけど副作用も…

確かに、プロペシアにはAGAなどの薄毛に対して効果・効能があります。しかし、良いことずくめというわけではありません。何事にも良い面と悪い面があります。そんなプロペシアの危険性についても見ていきましょう。

どんな副作用があるのか?

プロペシアは一般的に、高い効果があり副作用が少ないと言われていますが、副作用のリスクが全く無いわけではありません。
医薬品としては少ないというだけで、副作用に悩んでいる人がいるのもまた事実です。ではどのような副作用があるのでしょうか?よく聞くものをまとめてみました。

  • 性機能障害
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 性欲減退

  • 頻尿

  • 下痢

ざっと挙げただけでもこれだけあります。プロペシアはもともと前立腺肥大症に用いられていた為、副作用でも性機能に関連したものがあがってきます。性欲減退や勃起不全、精子の減少などの機能的な支障が見られることもあります。また頭痛や腹痛などのような症状も見られることもあり、これらの普段はあまり気にしない症状でも、薬を服用しているときには注意する必要があります。

また、稀に肝機能障害も起きるようです。服用に際しては用法・用量を守り、身体に異変が起きたと感じたら、すぐに医師に相談しましょう。重大な健康被害につながってしまう危険性もあるので、十分注意が必要です。

プロペシアの費用は安くない

育毛や薄毛治療に関しては、美容目的とされているため健康保険が適応されないのが現状です。したがって薄毛治療をしようとすると、それなりに費用がかかります。プロペシアは1錠あたり約300円なので、1ヶ月毎日1錠服用すると、1万円ほどかかります。1年になると12万円になり、決して安いものではありません。

医療費控除の可能性もありますが、軽減されるのはほんの一部なので大幅に安くなるということはないでしょう。さらに、効果が出るまでは最低でも半年以上と、長期的な服用が必要になってくるので、それに伴い高額な医療費がかかります。しかも、服用を止めると薄毛の症状が再発する可能性もあります。こういった面からも、プロペシアの服用を気軽に始めることはお勧めできません。

使用用途が限られている

プロペシアはAGAに対する治療薬のため、円形脱毛症などの他の脱毛症に対しての効果はありません。また子供や女性も、服用の対象外となっています。

安心して使える育毛用品は…?

今回はプロペシアに関する効果とリスクについて見てきましたが、内服薬という特性上、使用を考える前に正しい知識を身につけるべきでしょう。

また、「効果はあるみたいけど、プロペシアを買うほどの経済的な余裕が無い」、「性機能に関する副作用が怖い」という方はどうすればいいのでしょうか?

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は、危険な副作用を心配することなく使用できる育毛剤のひとつです。BUBKAでは以下の3つの商品を扱っています。

  • DHTの発生を抑制する天然由来の成分M-034配合の育毛剤
  • アミノ酸配合の頭皮に優しいスカルプシャンプー
  • ストレス抑制など、育毛に欠かせない栄養素”亜鉛”を含んだサプリメント

既にプロペシアを利用している人は、プロペシアの服用と同時にBUBKAを頭皮に塗布することで、より高い効果が期待出来ます。さらに、BUBKAで頭皮を良い頭皮環境に整えておけば、プロペシアの服用をやめたときの抜け毛を防ぐことが可能です。ぜひチェックしてみてください。

関連する記事