このエントリーをはてなブックマークに追加

人気急上昇のエフペシアの効果を分析!

売れるにはワケがある濃密育毛剤BUBKA
AGA(Androgenetic Alopeci:男性型脱毛症)対策にはフィナステリドが含まれたプロペシアなどの内服薬が効果を発揮すると言われています。しかし、最近ではエフペシアというジェネリック医薬品も広く認知され、多くの人に使われています。

エフペシアの効果はどんなものなのでしょうか?今回はエフペシアについて情報をまとめてみました。

エフペシアとは?

そもそも、エフペシアとはどんなものでしょうか。

エフペシアの概要

エフペシアとはインドの製薬会社、シプラ社が開発したプロペシアのジェネリック医薬品です。(シプラ社はAGA薬以外にもHIV薬や心臓疾患などの治療薬を開発しており、世界170カ国以上に輸出している大手企業です。)

ジェネリック医薬品であるエフペシアは、プロペシアと比較すると価格がおよそ5分の1になっており、利用者に非常に優しい価格帯となっています。

薄毛に対する効果ですが、個人差はありますが、およそ3ヵ月から6ヵ月の連日服用により効果が現れることが多いといわれます。服用方法は一日一錠を水で服用するだけなので、手軽で続けやすいものになっています。

ただ、エフペシアは成人男性にしか効果が認められていません。女性や子ども、肝機能障害を持つ方は絶対に服用しないようにしましょう。

エフペシアの効果

一度AGAが発症すると、自然治癒は望めません。症状が進行するにつれ、髪は徐々に細く弱々しくなっていき、抜け毛も増えていきます。

AGAはDHT(Dihydrotestosterone:ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、髪の成長に欠かせない毛乳頭の働きを阻害することが原因です。エフペシアの中に含まれるフィナステリドという成分には、DHTの働きを抑制する効果があります。

フィナステリドは日本皮膚学会によって、最も推奨出来る成分としてAランクに位置づけられており、頭皮の改善に高い効果があることを裏付けています。エフペシアを服用することでDHTを阻害し、毛髪が育成されやすい環境になるのです。細くなった髪の毛にコシがでてきたり、休止期にある毛穴から毛髪の成長が促されることで、薄毛改善に効果が期待できます。

エフペシアはなぜ人気なのか?

薄毛対策に役立つエフペシアですが、なぜそんなに人気なのでしょうか?その理由は3つあります。

エフぺシア人気の理由1.安心できる

これまでプロペシアのジェネリック医薬品と言えば、フィンペシアが主流でした。しかし、フィンペシアに含まれる「キノリンイエロー」には発ガン性物質の噂があるため、敬遠されるようになっていきました。そこでキノリンイエローを含まない、安心感のあるエフペシアの人気が上昇したわけです。

エフぺシア人気の理由2.プロペシアと比べて安い

アベノミクスの影響もあり、円安ドル高の動きが急速に進む現在、医薬品の個人輸入にも大幅に影響が出てくることが予想されます。プロペシアを使用している方にとっては懸念事項でしょう。そこで、価格の上昇が予想されるプロペシアから、より安価なエフペシアに移行する人が増えてきているのです。

エフぺシア人気の理由3.ジェネリック医薬品への抵抗感が低下してきた

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも言われており、新薬が発売された後で特許期間を過ぎた頃に製造・販売される医薬品のことです。新薬に比べて開発費が大幅に削減できるので、新薬と同等の効き目でありながら、薬自体の価格を低く抑えることが可能になっています。

芸能人のCMやメディアの影響もあり、ジェネリック医薬品への認知度が高まった結果、ジェネリックに対する抵抗感は薄れ、効果が同じであるのに安価であるという点に人気が集まるようになりました。

エフペシアに関する疑問点

これまでエフペシアの概要と効果について紹介してきましたが、エフペシアには疑問の残る点もあります。

エフペシアはジェネリック医薬品では無い!?

エフペシアにはジェネリック医薬品ではないという疑惑があります。そもそも、プロペシアの特許期間は2019年までとなっており、ジェネリック医薬品の定義である「特許期間を過ぎたもの」という点を逸脱しています。

また、正式なジェネリック医薬品は、製造方法から使用成分までの全ての調査を公的な第三者機関に委ね、薬事法などに基づき厳正な審査が行われます。しかし、2005年まで薬剤特許が存在しなかったインドでは、製造された医薬品について公的機関の調査が一切ありませんでした。

そのため、エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と謳われていますが、製造方法や成分が違う可能性があります。実際に、同様にプロペシアのジェネリック医薬品と言われていたフィンペシアの例では、錠剤を固めるコーディング剤に発ガン性物質のキノリンイエローが使用されていることが確認されています。

もちろん、正式なジェネリック医薬品以外の全てのものが危険だとは断言出来ませんし、消費者にとって安価な育毛対策用品はとても魅力的なものでしょう。しかし、その出自が完全に保証されていないエフペシアの効果については疑問が残る部分があります。

安心してAGA対策をするには

プロペシアのジェネリック医薬品と言われるエフペシアですが、安心して育毛効果を得られるかと言うと、先ほど述べたように疑問を抱かざるを得ない部分があります。では、どのようにAGA対策をするのが一番良いのでしょうか?

日本皮膚学会の「男性型脱毛症ガイドライン」において、プロペシアに含まれるフィナステリドと同じA段階として評価されているものにミノキシジルがありますが、やはり副作用のリスクがあり、オススメできません。

安心して毛髪ケアを行うにはM-034という自然由来の育毛エキスがオススメです。M-034は、昆布・もずくなどの褐藻類特有のヌメリ成分を、日本の先端抽出技術で無駄なく抽出・配合したものです。髪のコシを維持し、抜け毛防止、発育作用など、ミノキシジルと同じ効果があります。

濃密育毛剤BUBKAは、このM-034を主成分としており、頭皮にダメージを与える成分は一切入っていないため、副作用などを心配すること無くお使い頂けます。男女兼用ですので、女性で薄毛にお悩みの方にもオススメです。

関連する記事

  • 関連する記事はありません。