このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンペシアの効果と副作用

たどり着いた育毛剤BUBKA

AGA(男性型脱毛症)の治療をされている方にはお馴染みの、フィンペシア。フィンペシアが人気の理由は、発毛の効果があるから?実際は、フィンペシアは効果より価格に魅力があるようです。

フィンペシアがどのような医薬品なのか、フィンペシアを使用して効果があるのか、また安心して使用できるものなのか、納得した上で、後悔しない育毛剤選びをしたいですね。

フィンペシアとは?

プロペシアのジェネリック医薬品?

アメリカの製薬会社メルク(日本法人名:MSD)が、世界で初めて薄毛治療薬として開発した内服薬「プロペシア」。フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)と言われていますが、違います。

プロペシアの特許はメルクが有し、特許が切れる2019年まではジェネリック医薬品を製造することは出来ないのです。しかし、フィンペシアはプロペシアと同じ成分で製造されています。これがなぜ可能なのかというと、フィンペシアの製造元がインドの製薬会社シプラであるため。

実はインドでは2005年まで医薬品を含む化学品に物質特許が付与されていなかったため、特許がまだ切れていない製品でも製造することが出来るのです。つまり、フィンペシアはプロペシアのコピー薬品、と言えます。製造方法やコーティング剤はプロペシアとは異なります。

主成分はフィナステリド

フィンペシアはプロペシアと同じ主成分、フィナステリドを同量の1mg含有しています。フィナステリドとは、脱毛を促進するジヒドロテストステロン(DHT)を抑える成分であり、日本はもとより世界60カ国以上で承認されています。

抜け毛はどうして起こる?

抜け毛は、男性ホルモンのテストステロンが体内で過剰分泌されることが原因で起きます。過剰分泌されたテストステロンは、5α還元酵素Ⅱ型(リグクターゼ)の働きにより、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

DHTは前立腺肥大症等、人体に悪作用をもたらすほか、頭髪の育成を司る毛乳頭細胞の中に入り込み、発毛を抑制するよう働きかけるのです。結果、毛髪が細くなる→毛髪の生え変わり周期が短くなる→薄毛になる→毛は生えるが細く短いうちに抜ける、を繰り返して次第に髪が薄くなってしまうのです。

フィナステリドの作用とは

フィナステリドは、テストステロンがDHTに変換する5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害し、その結果、薄毛の原因であるDHTを取り除く作用をします。

2010年に日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症治療のガイドライン」には、フィナステリド内服をA段階(行うように強く勧められる)と、ミノキシジル外用と共に位置づけられています。

効果は個人差がありますが、効果を感じるまでに最低でも半年間は飲み続ける必要がありそうです。1日1錠を飲み続ける、という単純だけれど根気がいる薬と言えますね。

価格が約10分の1?!

フィンペシアとプロペシア、薄毛の原因を取り除く成分フィナステリドを同量含有していますが、1つ大きく違う点があります、それは価格です。

プロペシアは厚生労働省の認可を受けており、保険適用外の診療を受け、処方してもらわなければなりません。しかし、フィンペシアは日本で認可されていないため、処方箋なしで、海外からの輸入品をインターネット等で購入出来ます。受診する手間もない上、かかる費用がプロペシアの10分の1程度で済むということが、フィンペシアの人気の秘密でしょう。

ところが、フィンペシアの中には粗悪品や偽物、横流し品、また、発がん性の可能性のある着色料キノリンイエローをコーティング剤に使っているものもあり、注意が必要です。何か問題が起きた場合、全て自己責任となります。手軽さの代わりに、かなりのリスクがあると思いませんか?

フィンペシアの効果は?

インターネットで調べてみると、「プロペシアで効果を発揮しても、フィンペシアに乗り換えたら抜け毛の量が増えた」という口コミが意外に多いことが分かります。表示上のフィナステリド含有量は同じはずなのに、不思議ですね。

「抜け毛が減った」、「変化がない」という口コミは多いですが、「発毛した」「髪が生えてきた」「髪が増えた」という喜びの声は見かけません。発毛そのものというより、現状維持がベストの効果と言えます。

副作用は?

男性機能の低下

典型的な副作用は、男性機能の低下です。理論上は、直接男性ホルモンに影響を及ぼさないので、男性機能の低下は起こり得ないと言われていますが、多くの使用者が実感されているようです。

フィナステリドは男性ホルモンに直接作用するのではなくて、5α還元酵素Ⅱ型の働きを抑制するもの。つまり、薄毛を引き起こすDHTを間接的に取り除いている、ということです。しかし、DHTは薄毛の原因ということで悪者扱いされていますが、実は精子や精液を作る役目もあるのです。更に性欲にも関係しているので、男性機能低下の副作用がないとは言えないのです。

精液は精子が運動するために必要な体液で、弱アルカリ性を保って精子を生存させる役目があります。フィナステリドを服用すると、精液を構成するたんぱく質が減って精液が少なくなり、精子が生存するのに過酷な状況になってしまいます。そして、DNAにダメージを与えたり、無精子症を引き起こしたり、服用を中止しても性欲が回復しない、という副作用もあると言われています。

胎児に危険も?!

薄毛に悩む方の中には、これから子どもを儲けようと考えている方も多いと思います。実は薄毛を促すDHTは男性器を形成する役割もあるので、DHTを取り除くフィナステリドを服用してパートナーが妊娠し、胎児が男性だった場合、その胎児の男性器に何らかの異常が出る可能性があると言われているのです。

アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)が、薬剤が胎児に奇形が及ぶ危険性があるかを5段階で評価したものに、胎児危険度分類があります。

1番安全とされているのがA、そしてB,C,Dと危険度が上がっていき、最も危ないとされる評価がX。Xは、「動物でも人間でも研究において、使用することで明らかな科学的根拠があり、その薬の恩恵よりもリスクのほうが大きい」、という定義。何と、フィナステリドは妊婦に対しては、Xなのです。女性が手で触れることも禁忌となっています。

安全性も求めるなら副作用のない育毛剤を

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症治療のガイドライン」で、フィナステリド内服と同じA段階として評価されているミノキシジル外用。リアップの主成分ですが、このミノキシジルも副作用のリスクが高いと言われています。

そのミノキシジルと同じ効果がある、「M-034」という自然由来の育毛エキスがあります。これは、昆布、もずく、アカモクの褐藻類特有のぬめり成分(褐藻エキス)を日本初の先端抽出技術で無駄なく抽出、配合したもの。抜け毛の防止と髪の太さの維持、発育を促す効果があるとして、厚生労働省により認可された確かなものなのです。

M-034を主成分とする濃密育毛剤BUBKAには、他にも薄毛の原因に作用する30種類以上の成分を含有していますが、医薬品を一切使われていないので、男性機能低下の副作用もなく、女性が使っても何ら問題ない、安全な育毛剤です。100%無添加無香料、というのも安心ですね。

たどり着いた育毛剤BUBKA
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事