このエントリーをはてなブックマークに追加

自分でできる薄毛の予防

髪の毛が元気になる育毛成分配合のブブカ。

私たちの体は年齢を重ねるにつれいろいろな症状を訴えてきます。髪の毛の場合は薄毛やハゲといった形で出てきます。その前に薄毛予防をすればよいのですが、実のところ簡単ではありません。

フィジカルな要素、メンタルな要素、いろいろある中でストレスも薄毛の原因の1つですが、環境によるところが多く、自分の力では予防策が限られているのも事実です。ここでは、自分自身の努力や心がけでできる薄毛の予防について見ていきましょう。

頭皮を清潔に保つ

正しい洗髪の方法を知りましょう

1日の終わりのバスタイムは、体の汚れを落とすだけでなく、精神のリフレッシュにも不可欠なひと時です。同時に薄毛の予防にも欠かせない時でもあります。ほとんどの人がこの時に洗髪をするわけですが、実は洗「髪」よりも洗「肌」の方が大切なのです。

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすことだけが目的ではありません。薄毛の予防という観点では、むしろ頭皮を清潔にすることの方が重要です。まだまだ誤解されている人も多いようですが、シャンプーの際には爪を立ててゴシゴシするのは厳禁です。

頭皮に気をつかう人の間ではすでに常識なのですが、これをやっても実際のところ大して汚れは落ちず頭皮を痛めるだけです。では薄毛の予防に最適な洗髪とはどうすればよいのでしょうか。正しい方法は以下のとおりです。

薄毛予防の洗髪方法

  1. 頭にかけるお湯はできるだけシャワーにします。洗面器のお湯をかけるのでもよいのですが、シャワー(できるだけ強いもの)を直接当てた方が、地肌を刺激して血行が促進され汚れも落としやすくなります。
  2. シャンプーをつける前に、シャワーで予洗をします。これで大方の汚れを流すことができ、同時に毛穴を開けることができます。
  3. シャンプーは直接頭にかけません。頭皮が荒れるもととなります。あらかじめ手にとって泡立ててから髪につけます。この「泡立て」も重要でして、泡が細かいほど頭皮に行き渡りやすくなります。
  4. 全体にまんべんなく行き渡ったら、髪の毛ではなく地肌を洗います。この際、爪は立てません。指の腹で頭の両サイドから中心に向かってギュッギュッと強く押し出すようなイメージでマッサージをします。これにより毛穴に詰まった皮脂や汚れを押し出すことができます。(予洗の際も同様です)
  5. 終了後はじゅうぶんなお湯でシャンプーを洗い流します。これまで爪でゴシゴシしていた方にとって、この方法ははじめのうちは物足りなく思われるかも知れませんが、すぐになれます。また髪の毛自体の汚れも、上記の過程で落とされることになります。
  6. シャンプーで毛は抜けない

    ところで、「シャンプーすると髪の毛が抜けてしまう」といって、シャンプーにかける時間を短くしたり回数を減らしたりする人もいるようですが、これは間違った思い込みです。

    成長しきった毛髪は自然と抜けていくものですが、確かにその多くはシャンプーの際に起こります。かといってこれは何もシャンプーが髪の寿命を早めているわけではなく、シャンプーの際の指の動きをきっかけに自然の脱毛がされているにすぎません。次の新しい髪が生えてくるためにも、成長の終わった髪は抜けていく必要があります。適度なシャンプーは薄毛の予防に不可欠です。

    シャンプーは必須ではない

    さらに付け加えますと、頭皮の汚れを落とすには必ずしもシャンプーを使わなければならないわけではありません。シャンプーはあくまでも汚れを落とすための「道具」にすぎません。(もちろんトリートメント効果もありますが)ショートカットにしている人などに特に有効なのですが、強いミスト状のシャワーを頭皮に当てるだけで大体の汚れを落とすことができます。

    最近はバス用品も多様化し、シャワーヘッドもストレート~ミストのように切り替えのできるタイプのものも売られています。形状さえ合えば簡単に取り換えられますので、一度お試しになってはいかがでしょうか。ほかにもヘアケア用として、塩素を除去するタイプのものもあります。

    洗髪は夜しましょう

    よく、出勤前に「朝シャン」をする人がいます。これ自体は悪いことではありませんが、1日の洗髪が朝の1回だけだという場合、薄毛の予防を考えるのなら夜の洗髪に変えましょう。

    なぜなら、髪の毛が伸びるのは成長ホルモンの分泌と連動していて、この成長ホルモンが睡眠時(特に3時間くらい)に最も多く活発になるからです。せっかく髪が伸びる機会ですから、最良の状態にしておきたいものです。

    日常のチェック

    髪の毛に限らず、私たちの体に起こる異常はどれもそうですが、手当が早いほど大事にいたらず未然に防ぐことができます。いわゆる早期発見ですね。これは常日頃からチェックをしておくこと以外に方法がありません。

    ところが、こと髪の毛に関しましては、多くの男性の場合は女性に比べても鏡に向かう時間が圧倒的に少なく、また、髪の毛のケアに手間もかけません。そのため、薄毛に気づいたときはすでに症状が進んでしまっているということになります。

    人には教えてもらえない

    たとえば体調が悪いと顔に出たりします。すると周囲の人は「どうしたの?最近顔色良くないよ」と声をかけてくれます。ところが髪の毛の場合はデリケートなことですから、よほど気心の知れた間柄でもない限り教えてくれることはありません。薄毛も額から後退していくタイプのならまだしも、頭頂部から進行していくものだと自分ではなかなか気づきません。

    あまり神経質になりすぎるのもかえってストレスを増やすことになりかねませんが、「自分も将来は薄毛になる可能性がある」ということを頭に置いておいて、薄毛の予防のためには日頃から髪の毛の状態をチェックしておきたいものです。実際に抜け毛が始まる前には髪質が劣化しますので、薄毛のごく初期の段階では、手で髪をすいてみると何となくコシがなくなってきたとかの感触が得られるはずです。

    おすすめのセルフチェック方法

    ここでひとつ、ご自身で簡単にできるチェック方法をお教えしましょう。

    男性の髪の毛の寿命は3~5年程度とされていますが、きちんと成長を遂げて自然に脱け落ちた毛髪はある程度の長さと太さになっています。ということは脱毛の中に細く短い毛が目立つようになったら、薄毛が進行しているということです。

    いずれにしても、毎日のチェックが薄毛の予防に欠かせないことは言うまでもありません。シャンプーの際に指に絡みついたもの、起床時に枕に残ったもの、仕事場の机に落ちたもの、いろんなところで目にする機会があるはずです。

    薄毛の予防にBUBKAがオススメ

    髪の毛は本来、頭、脳を守るためにあるといわれます。私たちの体を守る本来の毛髪の役割という観点からも、日頃のケアを怠らないように心がけましょう。

    大評判の濃密育毛剤BUBKAは厚生労働省認可のM-034エキスの育毛パワーを内蔵。地肌の血行を促進する効果もありますので、「今のうちから」と薄毛の予防にも効果的です。

    また、洗髪にはBUBKAスカルプケアシャンプーがおすすめです。アミノ酸の洗浄成分が汚れを落とすと同時に頭皮の潤いを守り、髪を補修してくれます。毎日使うものだからこそ、日々のケアの積み重ねが効果となって現れるはずです。

    髪の毛が元気になる育毛成分配合のブブカ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事