このエントリーをはてなブックマークに追加

効果が期待できるハゲ予防

効果を実感する濃密育毛剤ブブカ

若い時期に周囲の人を見渡して、「自分もいずれハゲるのだろうか?」と気になりだし不安に思い、「今から何かできるハゲ予防はないか?」と考える方は多いのではないでしょうか?今回はハゲの原因を知ることで意識して実践できる、ハゲ予防についてご紹介します。

ハゲの予防策

ハゲはあるとき何らかの兆候がみられ、進行していきます。意識せずとも知らずにハゲ予防策を実行していたならば少し改善していくかもしれませんが、やはりハゲ予防を意識することが大切です。ちょっと気になりだしたら、早めにハゲ予防に取りかかりましょう。

ストレスと上手につきあう

現代に生きる人々は、家庭、交友関係、仕事まで朝から眠りに着くまで多くのストレスにさらされています。今日一日は、ストレスフリーだったという日は、ほぼないでしょう。けれど、ストレスが溜まると、自律神経失調症による胃痛や下痢、肩こり、頭痛、腰痛を発症してしまいます。顔の表情も目の下にクマができ、全体的にたるみを帯びた印象になるでしょう。

自分でなかなか見ることがむずかしい頭皮ですが、頭皮も例外なく影響を受けているのです。ストレスの緊張により血行が悪くなると、血液は栄養を運ぶ役目を放棄したくなるのです。また、頭皮内部からの老廃物の排出もさぼりがちになります。円形脱毛症は、ストレスが原因であることが多いですので、極端な例として挙げられます。

日々のストレスは、ハゲには、大敵。ストレスは溜めないで!といわれても現代生活では難しいかもしれませんが、日常の生活の中で心身ともにボーっとして力を抜く時間を意識的に作りましょう。日ごろがんばっている自分にご褒美をあげることも、ほっこりリラックスにつながります。

また、全身の凝り固まった筋肉をほぐし、全身の血液の流れを意識することは、大切です。入浴やストレッチやヨガが効果的でしょう。趣味やスポーツも有効ですが、はまり過ぎて逆にストレスにならないようにほどほどにしましょう。

食生活の改善

病の改善は食生活からとよくいわれますが、ハゲ予防も食生活の改善が大切です。毛髪に有効な栄養素をご紹介します。

  • 渇藻類…もずくや昆布など、ヌルっとした海藻類です。一般的に、海藻類は毛髪によいといわれていますが、ヌメリの成分が毛髪の成長を助けます。
  • 穀類…健康ブームで多くの種類の雑穀をご飯に取り入れる方も多いでしょう。育毛剤のなかには、キビに含まれる成分が入っているものもありますので、アワ、ヒエ、キビなどを口から摂ることもおすすめです。
  • 大豆類…納豆、豆腐、味噌の材料となる大豆。大豆に含まれているイソフラボンがハゲの大敵である過剰な男性ホルモンを抑制してくれます。意識的に食事に納豆、冷奴などをプラスするとよいでしょう。
  • 亜鉛…毛髪は、たんぱく質です。たんぱく質の合成には、亜鉛が必要です。亜鉛は、比較的日常の食事では、摂りにくいものに含まれています。牡蠣、うなぎ、高野豆腐など。意識して摂れるものでは、ないのでサプリメントに頼るのもよいでしょう。
  • ビタミンE…毛細血管に働きかけ、血流をよくしてくれます。モロヘイヤやかぼちゃやいわしなど。比較的摂りやすい栄養分ではないでしょうか。

外食やメイン一品のみのお弁当では、摂りにくい栄養分が多いと思われますが、サイドメニューやお惣菜を一品追加して、口から栄養分を摂ることでハゲ予防を心がけましょう。塩分、脂肪分多めの居酒屋での食事が多い方も、最初は渇藻類の酢の物、サラダ、冷奴からオーダーするように意識しましょう。

清潔を保つ

女性にとってメイクは帰宅後すぐに落とし洗顔をする…というのは、顔の皮膚の毛穴につまったファンデーションが皮膚を老化させることから、常識になっています。頭皮にも同じことが言えます。頭皮から排出された老廃物、皮脂、ホコリ、整髪料などの薬剤で頭皮はダメージを受けているのです。

帰宅後、ついつい寝てしまって翌朝シャワーで簡単に洗髪では、汚れは蓄積されてしまい毛髪の成長を妨げてしまいます。一日外でがんばってきた頭皮を一日の終わりには、清潔にしてあげることも、ハゲ予防のひとつです。

入浴で血行を促進、質のよい睡眠を

血行不良は、毛髪の成長のサイクルを狂わせてしまいます。肩こりを解消するときにマッサージをすると血行がよくなり、楽になるように、頭皮も、洗髪のときにマッサージをして血行を促してしてあげましょう。

また、夜中活発になる毛髪の成長ホルモンのために、充分な睡眠が必要です。質のよい睡眠を心がけましょう。シャワーだけでなく、湯船につかることは、体中の血行を促進し、深い眠りをもたらしてもくれるので効果的です。

飲酒、タバコ

一般的にも、摂りすぎると健康に悪影響を及ぼすといわれる飲酒やタバコ。少量のお酒なら血液の循環がよくなりそうなものですが、摂りすぎは、頭皮によくありません。飲酒することで肝臓を働かせることが優先されるため、頭皮への栄養まで手が回らなくなるのです。

タバコは、血管を萎縮させてしまいます。頭皮の血管も例外ではありません。全く飲まない、吸わないというのは逆にストレスが溜まり悪影響かもしれませんが、頭皮には良くないこととの意識をもつことが、ハゲ予防には大切です。

頭皮へのダメージの軽減

ハゲが進行してくるとオシャレに気が回らなくなっているかもしれませんが、カラーリングやパーマなどおしゃれを楽しんでいる方もいるのではないでしょうか?また、年を重ねると、はげるか、白髪でフサフサになるかどちらかとよくいわれていますよね。白髪もハゲと同じように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

美容室や理容室では、毛髪への影響についての説明されるところはなかなかありませんが、カラーリングや白髪染め・パーマは頭皮に汚れをつまらせたり、毛にダメージを与えて切れ毛となりやすいのでなるべく控えましょう。

頭皮のケア用品を活用するのも有効です

ハゲ予防に効果的なことをご紹介しました。ハゲ予防策は、健康な生活にもつながることですので、ハゲの心配がない方も、気になる方も、進行が顕著な方も実践してみるのは、よいことだと思います。食生活の改善や、念入りな洗髪など、忙しい毎日でとてもむずかしいと思われる方は、頭皮のケア用品を活用することをおすすめします。

濃密育毛剤BUBKAには、ハゲ予防におすすめのサプリメントやシャンプーがあるのでオススメです。思い立ったら吉日、ぜひお試しください。

効果を実感する濃密育毛剤ブブカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事