このエントリーをはてなブックマークに追加

進行ハゲに効果的なハゲ対策

効果を実感する濃密育毛剤ブブカ

進行していくハゲが長年気にはなっていたけれど、今まで原因を分かろうとも、予防や対策をしようとも思いもしなかった….気がつけばハゲが進行してしまって後悔….という方もいるのではないでしょうか?確かに早めの予防や改善が必要だったかもしれませんが、終わったことは忘れましょう。今回は、進行してしまったハゲに対しての対策をご紹介します。ハゲが進行してしまったからといってあきらめず、対策を講じてみましょう。

まずはハゲのタイプを確認

ハゲといっても、脱漏性湿疹や円形脱毛症などの症状は内面の健康状態からくるものですので、このような症状は皮膚科の受診をおすすめいたします。今回は、そのほかのハゲのタイプについてご紹介します。

O字ハゲ

O字ハゲは、頭頂部が丸くはげていくタイプのハゲです。年を重ねるごとに薄くなり、くっきりと丸くはげている年配の方がいらっしゃいますね。自分よりも他人の方が目にする機会が多いため、家族に指摘されて気がつくとハゲがかなり進行していて、合わせ鏡で見てショックを受ける方が多いでしょう。

O字ハゲは、典型的な男性ホルモンの増加によって起こるハゲです。5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンが結びつくことによって、男性ホルモンを増強させてしまいO字ハゲが起こります。

M字ハゲ

M字ハゲは、額の両サイドが剃り込みのようにはげていくタイプのハゲです。このタイプは、子どもの頃から生え際がM字型になっている人もいて、そこから進行していく人も多いようです。

M字ハゲも男性ホルモンの増加によるものが多いですが、髪の生える向きを逆なでして引っ張るような髪型も原因になります。物理的な極端な例でいうと、マゲを結う力士の方や、前髪をアップにする髪型にしていると起こりやすくなります。

若ハゲ

男性は、成長期に成長ホルモンの分泌が盛んになり、体が毛深くなったり、声が変わったり、男性らしい筋肉がついてきたりします。けれど、ひげなどが濃くなるのと反して、毛髪は、薄くなっていきます。これは、先ほどに紹介したように、5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンが結びつくことによって、男性ホルモンを増強させてしまい起こります。

遺伝や体質の要素が大きく、進行を止めることは、非常にむずかしいです。年を重ねてはげるよりも、若ハゲは、精神的ダメージが大きく、自信をなくしたり、引きこもったりしがちです。けれど、そういったストレスや引きこもった生活習慣もハゲを進行させてしまいます。早めにハゲが分かったことを機会に早めの対策を試みましょう。

分け目ハゲ

女性に多く見られる、分け目が薄くなってきているハゲです。分け目は、なんとなく自分でしっくりくる分け目があり、それと違う分け方をすると、毛を逆なでしたような気持ちの悪い感覚になってしまいますよね。けれど、同じ分け目を続けると紫外線や汚れなどのダメージを同じところにいつも受けてしまいます。分け目は、日によって変えたりするのが好ましいでしょう。

男性では、頭頂部に近づくほど薄くなっている分け目ハゲが多くなります。これが進行し広がるとO字ハゲとなる、男性ホルモンの影響が強いハゲです。分け目から頭全体が薄くなっているのは、ストレスや食生活の乱れからくるものです。セット後やシャンプー後には、まんべんなく毛がぬけているのが確認できるでしょう。

男性ホルモンが関係するハゲの対策

心がけのハゲの対策

  • 現代社会では、むずかしいですが、ストレスをためないこと、息を抜ける時間を作ることが大切です。
  • モズク、昆布などの渇藻類、亜鉛、イソフラボン、ビタミンEを食事に摂りいれることを心がけましょう。
  • シャンプーのし過ぎはよくありませんが、一日の汚れはその日のうちに落としましょう。
  • 湯船につかることで、頭皮と体の血行をよくし、より深い睡眠をこころがけましょう。

男性ホルモンが関係するハゲ対策

O字ハゲ、M字ハゲ、若ハゲなどの男性ホルモンが関係するハゲには、男性ホルモンと合体すると脅威を示す5αリダクターゼの活動を抑えなければなりません。これは、もう育毛ケア用品に頼るという領域になりますが、早ければ、早いほど効果があるはずです。

迷っている方、悩んでいる方は、藁をつかむ思いの方は、今回このページを閲覧したことをきっかけに育毛ケア用品を試してみてはいかがでしょうか?もしかすると、自分には、合わない商品もあるかもしれませんが、それを早期に知ることは、今後の対策にも活かされると思います。

育毛ケア用品の種類

育毛ケア用品の種類をおおまかに、3つご紹介します。

1.頭皮に直接使う育毛剤

頭皮に直接使う育毛剤には、もちろん育毛に有効な成分、エキスが入っています。ただ、育毛に必要のない余計な成分が入っている育毛剤は、逆に頭皮にダメージを与えてしまう可能性があるので避けたほうがよいでしょう。女性の化粧品と同じように、香料や保存料などは本来の効果に関係ないものです。

2.スカルプシャンプー

最近コマーシャルでもよく耳にする、スカルプシャンプー。スカルプは頭皮という意味ですが、髪のつや感やサラサラ感よりも頭皮ケアを重視しているシャンプーです。余分な皮脂は落とすけれど、必要な皮脂は落とし過ぎず髪の質感もサラサラをキープするなど、メーカーにより特徴が紹介されています。シャンプーも、育毛剤のメーカーと合わせて使うことが効果的でしょう。

3.サプリメント

心がけの対策で、モズク、昆布などの渇藻類、亜鉛、イソフラボン、ビタミンEを食事に摂りいれることが大切とご紹介しましたが、忙しい毎日、男性がキッチンに立って調理することは難しいでしょう。そんな方は、手軽に毛髪に必要な栄養分を摂取できるサプリメントがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、ハゲが進行してからの対策をご紹介しました。進行してしまってからは、予防策では、追いつかないでしょう。進行後の改善もかなりの時間がかかってしまいます。早め早めに育毛のケア用品でハゲ対策を行うことが効果的です。

濃密育毛剤BUBKAでは、栄養分たっぷりの育毛剤やサプリメント、濃密アミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーがあるのでオススメです。

効果を実感する濃密育毛剤ブブカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事