このエントリーをはてなブックマークに追加

今日からでもできる!6つの抜け毛対策

抜け毛が増えたらブブカで抜け毛予防

男性にとって抜け毛はとても深刻な問題です。育毛エステや増毛・植毛など、お金をかければ様々な手段があります。しかし、毎日の習慣を見直してみるだけで、抜け毛を止められる効果が現れることもあるのです。
今回は日々の生活に取り入れることの可能な、誰にでもできる対策についてご紹介します。

1.頭皮マッサージを習慣にしましょう

抜け毛の大きな原因のひとつは、頭皮の血流が悪くなることです。頭皮に栄養を運ぶ血液の流れが滞ってしまうことにより、発毛に必要な栄養素が頭皮の毛細血管へ運ばれるのが妨げられてしまいます。そのため、頭皮をマッサージし、血行を促進することは健康な頭皮環境を作る上では欠かせない対策となります。

できれば育毛剤などをつけて、お風呂上りの頭皮が温かいうちに、指の腹・手の平で頭を包み、頭皮を動かすように揉む方法がよいです。できれば、朝晩の一日に二回行うことが望ましいでしょう。

2.睡眠をしっかり取りましょう

睡眠は髪の毛の成長に大変大きな影響をもたらしています。髪の毛を作っている毛母細胞の細胞分裂が起こることにより、髪の毛は生えてきます。副交感神経の働きにより、成長ホルモンが分泌し、髪の毛や皮膚の再生が行われるのですが、その細胞分裂が活発に起きる時間は、夜の22時~2時と言われています。その時間にできるだけ睡眠を取ることが望ましいでしょう。

3.正しいブラッシングは頭皮を健康にします

男性の場合、そして特に抜け毛が気になる男性の場合は、ブラッシングをほとんどしないという方も多いのではないでしょうか。髪をブラッシングすることにより、髪が抜けてしまう、と不安になる方もいるかと思います。しかし、正しい方法によるブラッシングは、抜け毛対策になるのです。

ブラッシングを行うことで、頭皮の血行がよくなるという効果もあります。ブラッシングを行うということは、マッサージ効果もあるということです。抜け毛が怖くてブラッシングをしないでいると、髪の汚れが蓄積し、血行が悪くなってしまいます。力加減さえ気をつければ、ブラッシングが原因で抜け毛が起こることはありませんので、安心してブラッシングを日々の習慣としてみましょう。

シャンプー前に行うブラッシングは、頭皮についていた皮脂汚れや老廃物を浮き上がらせる効果があります。そうすることで、よりシャンプーの効果がアップします。

正しいブラッシングの基本

額の生え際やこめかみの周辺から、つむじ周辺に向けてのブラシを動かすやり方です。決して強くゴシゴシと行ってはいけません。ゆっくりと優しく、数回から10回程度優しくブラシを動かして下さい。ポイントは、「優しく・ゆっくりと」ブラシを動かすことです。力を入れすぎてしまうと、必要以上に頭皮に刺激を与えてしましい、頭皮や髪のキューティクルを痛める原因となってしまいます。

ブラシの素材について

ブラッシングに使用するブラシは、豚や猪など、できれば動物の毛がよいでしょう。ナイロンやプラスチック製のブラシだと、静電気が起こりやすいので避けた方がよいです。

4.正しい方法でシャンプーをしましょう

正しい方法によるシャンプーも、抜け毛対策には重要なポイントです。
この「正しい方法」というのが、多くの方はなかなかできていないと言っていいでしょう。

STEP1.ブラッシング

まず、シャンプーの前に優しくブラッシングを行います。

STEP2.シャンプー前にお湯で洗う

シャンプーの前にお湯で洗うことにより、頭皮の汚れや皮脂、整髪料などを落とすことができます。そのためにも、このシャンプー前のお湯洗いはかならず丁寧に行いましょう。お湯の温度は、低すぎても高すぎてもいけません。低すぎると皮脂を充分に洗い流すことができませんし、熱すぎるお湯だと、皮脂を取りすぎてしまいます。

STEP3.シャンプーを使用して洗髪

男性の髪の毛の長さでしたら、500円玉程度の大きさの量を使用します。髪の毛を揉み込むようにして、爪を使わずに指の腹で丁寧に洗います。強弱を付け、マッサージをするようなつもりで地肌を洗いましょう。髪の毛というよりも、頭皮の皮脂を洗うイメージです。

STEP4.すすぎ

すすぎはとても重要です。シャンプー剤を残さないように、丁寧にすすぎを行ってください。

STEP5.リンス・コンディショナー

最後のリンスやコンディショナーですが、これはシャンプーとは違って頭皮にべったりつけることは望ましくありません。リンスの目的は、髪の毛を保護することですので、地肌につける必要は全くありません。リンスもシャンプーと同様に丁寧に洗い流して下さい。

以上のような髪の洗い方が、髪の毛には良いとされています。時間がかかり、面倒だといって、ゴシゴシと力を込めて洗うようなやり方は、髪にとってはよくないシャンプー方法です。
このシャンプーのやり方を変えるだけで、髪の毛の皮脂の量が改善され、抜け毛が改善された、という方もいるほどなのです。

5.抜け毛を予防するドライヤーの使い方

ドライヤーは髪に負担を与える、と考える方もいますが、使い方の問題です。むしろ、濡れたままの状態で寝てしまうことの方が頭皮に雑菌を繁殖させる原因となり、髪にはよくありません。

ドライヤーの使い方で気をつけることは、決して一箇所にあて続けないということです。ドライヤーを動かし、同時に髪の毛も動かしながら、まんべんなく乾かしましょう。完璧に乾かそうとはせず、約8割程度乾いたら終了して下さい。乾かしすぎも頭皮にとってはダメージとなってしまいます。

6.シーツ・枕カバー・枕は清潔に

ベッド周りの物を清潔に保つことも、抜け毛対策には重要です。睡眠中には皮脂や汗の分泌が活発になっています。枕カバーにはそのような皮脂汚れ、雑菌などが付着していますので、こまめに洗濯をして清潔にしておきましょう。

枕カバーは清潔にしている、という人でも枕そのものは洗わない人も多いのではないでしょうか。洗うことができない場合には、天気の良い日に外で干して、汗などを放置しないように心がけましょう。

更に積極的な抜け毛対策には濃密育毛剤BUBKAブブカを

以上、すぐにでもできる抜け毛対策についてまとめてみました。日常生活の習慣を見直すだけで、抜け毛対策となることがたくさんあることがおわかりいただけたかと思います。さらに積極的な育毛・抜け毛対策を行いたいという方にお勧めなのが、濃密育毛剤BUBKAです。

コンブなどの海藻類から抽出された成分M-034をたっぷりと配合したこの育毛剤は、自然派由来でありながら、医薬品のミノキシジルと同程度の育毛効果があることが実証されています。海藻類に含まれるぬめり成分が、荒れがちな頭皮を優しく潤してくれる効果もあります。

マッサージを行う時に、このような頭皮に優しく、それでいて抜け毛対策のできる育毛剤を使用することを毎日の習慣とすることで、より積極的な抜け毛対策となるのです。高額な費用をかけて育毛サロン等のお店へ通う前に、まずは自分でできる抜け毛対策から初めてみましょう。

抜け毛が増えたらブブカで抜け毛予防

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事