このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオテックの育毛サービスについて評判・口コミまとめ


ブブカの育毛剤は全額返金保証だから安心!

男性であれば、年を経るごとに気になってくるのが髪の生え際や髪の毛の量ですよね。育毛剤や発毛剤を使ってみたいと思っても、ネットやテレビでいろんな情報があふれているので、どの会社のどの商品を使えばいいのか迷ってしまうかと思います。

ここでは、育毛・発毛のサービスを行っている会社の中からCMでも有名なバイオテックを取り上げてそのサービスや料金をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

バイオテックってどんな会社?

日本で最初にできた育毛サロンです。育毛・発毛を行っている会社の中には増毛などを得意としているカツラメーカーが多くあるので、育毛・発毛を専門にしているというところは珍しいです。大手のため全国に店舗があり、独自の育毛・発毛技術を提供しています。

育毛・発毛に関するサービス内容

バイオテックでは一人一人に合わせたサービス内容を提供しています。主に、「αケア」と「γケア」という2つの技術と自宅ケアがコースの内容のようです。では、その「αケア」と「γケア」はいったいどのような技術なのでしょうか?

αケアシステム

αケアはDHT(デストテストステロン)の働きを抑えることを目的とした技術です。シャンプーのあとに頭皮の余分な皮脂を取り除いて血行を促進するなどの目的で3種類の液剤を塗布します。

そののち、発毛促進剤である「バイオ ウィズ βS」を塗布。直接発毛にかかわってくるのはこのバイオ ウィズ βSですね。バイオ ウィズ ワン βSには、「エチニルエストラジオール」と「ヒノキチオール」という成分が含まれています。この2つの成分は、どのように発毛にかかわってくるのでしょうか?

エチニルエストラジオールってなに?

エチニルエストラジオールというのは女性ホルモン剤の一種で、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として使われる医薬品のプロペシアと同じようにテストステロンがDHTに変換されるのを阻害します。ヘアサイクルを正常に戻す手伝いをしてくれるわけですね。

医薬品として乳がんの治療や前立腺がんの治療に用いられています。副作用が心配になるところですが、医薬部外品の育毛剤には配合量が規定されているので、その配合量が守られている限りは副作用の心配はないようです。

ヒノキチオールってなに?

ヒノキチオールはその名前の通り檜から取れる成分なのですが、実は日本の檜からはほとんど取れず、国産の場合はヒバという木から採取します。台湾檜から発見されたので、ヒノキチオールという名前がついたのだそうです。

その効能として一般的なものは、殺菌・抗菌作用。防腐剤の代わりにヒノキチオールを含んでいる化粧品もあります。育毛・発毛にかかわる効能としては、毛母細胞の細胞活動を活性化させるといわれています。

薄毛に悩む方ならばAGAのメカニズムはご存じだと思いますが、AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンという物質が、5αリダクターゼという還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、髪の成長を阻害することにあります。

DHTによってヘアサイクルが異常をきたし、髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうのです。そのメカニズムから考えると、エチニルエストラジオールでヘアサイクルを正常に戻し、ヒノキチオールで発毛を促すというのがバイオ ウィズ ワンβSのメカニズムのようです。

γケアシステム

γケアは、古い皮脂や汚れの塊を除去し、頭皮環境を改善することを目的とした技術です。シャンプーのあとに皮脂を浮かび上がらせる液剤を塗布し、もみ出します。
その後、バイオ ウィズ ワンβSを塗布します。

αケアシステムとの違いは、バイオ ウィズ ワンβS以外に塗布する液剤(頭皮の状態を整えるもの)が一種類に減っていることと、バイオ ウィズ ワンβSの塗布を二回行うところでしょうか。γケアシステムが「古い皮脂や汚れの塊を除去し、頭皮環境を改善することを目的とした技術」でαケアシステムが「DHT(デストテストステロン)の働きを抑えることを目的とした技術」なのに、γケアシステムのほうが発毛促進剤であるバイオ ウィズ システムβSを塗布する回数が多いというのが少々疑問です。

気になる料金の目安は?

※インターネットの口コミ情報になりますので、料金に関しては
正確ではないかもしれません。あくまでも目安としての参考までに!

入会金が52,500円。それに毎月のαケア、γケアの技術料と自宅ケア商品の購入代がかかります。自宅ケア商品は育毛剤の他にシャンプー、栄養補助食品などです。
コース料金の目安としては、「脱毛進行抑制コース(6ヶ月)」が62万円から。「発毛促進コース(6ヶ月)」が96万円からです。両方とも、入会金、技術料、自宅ケア商品を含んだお値段になります。

バイオテックの育毛サービス体験談

本当に効果があるのかな。そう思ってホームページを見ても、体験談のコーナーにはよい意見しか載っていませんよね。けれど利用するかどうか迷ったときには、よい意見の他に悪い意見も気になると思います。その両方をまとめてみました。

よいと感じた人の意見

  • 以前から気になっていた抜け毛やフケが少なくなった。
  • 無料体験で自分の頭皮の状態を知れたのがよかった。
  • とにかく、マッサージが気持ちいい。
  • 他の発毛・育毛サロンと比べてすごく高いという印象はない。
  • スタッフが親身になってくれた。
  • 他の発毛・育毛サロンに比べてCMが少ない。

悪いと感じた人の意見

  • 確かに抜け毛は減ったが、現状維持が精一杯だと感じられた。
  • マッサージは上手だが、劇的な変化はなかった。
  • カウンセリングを受けたけど、不安を煽る言い方をされた。セールストークが長かった。
  • マッサージ中心のサービスで数十万円は高い。
  • ローンやリボ払いをすすめられたのが嫌だった。

体験談まとめ

マッサージのうまさに定評があるようで、マッサージが気持ちよかった、終わったあとに頭皮がすっきりするという意見が多くありました。悪いと感じた体験談としては、発毛・育毛サロンによくあることですが、料金が高すぎるというものが多かったです。

実店舗があるので、実際に頭皮の状態を確認することができたり、マッサージを受けることができたり、疑問があれば電話ですぐに問い合わせることができたりとフォローがしっかりしている反面、面と向かって勧められると高額なコースでも断れないという弊害があるようです。

実店舗の場合は人件費や店舗の家賃などが料金に上乗せされているので、実際の商品の効果よりも高く感じてしまうのは仕方がないのかもしれません。
マッサージなどの対面サービスはいいから、とにかく育毛剤の効果だけがほしいということであれば、実店舗よりも通販などで購入できる育毛剤のほうがコストパフォーマンスがいいのでおすすめです。

おすすめの育毛剤

育毛剤を選ぶときに注目してほしいのは、医薬品であるプロペシア、そしてプロペシアと並行して処方されることの多い血行促進剤であるミノキシジルと同じ効用のある働きをする成分が入っているかどうかです。最近では医薬品の副作用が気になる人向けに、植物由来などの天然成分でプロペシアやミノキシジルに似た働きをする成分が研究され、商品化されています。

その中でもお勧めなのは、濃密育毛剤BUBUKAという商品です。オウゴンエキスとノコギリヤシという植物由来の2つの成分が、プロペシアと同じようにテストステロンがDHTに変換されるのを抑制します。バイオテックが自宅ケア用品としても販売しているバイオ ウィズ ワンβSの成分でいうと、エチニルエストラジオールと同じような効果を発揮します。また、M-034という褐藻類から抽出したエキスが入っていて、ミノキシジルと同じく血行促進効果があります。

プロペシアとミノキシジルと同等の効果がある成分がいっぺんに入っているのもお勧めのポイントですが、育毛剤の他にシャンプーやサプリメントも出ているなど、サポート商品があるのも大きいですね。
薄毛が気になりだしたので育毛をがんばりたいけれど、お金はあまりかけたくない! とにかくコストパフォーマンスのいいものを! と考えている方は、ぜひ濃密育毛剤BUBUKAを使ってみてください。


ブブカの育毛剤は全額返金保証だから安心!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事