このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤とは5つのおさらい

ブブカは外から内からWの育毛

薄毛に悩んでいて育毛剤を使用している、または購入しようと思っているあなた。育毛剤について、どれだけのことを知っていますか?効果や副作用、使い方をしっかり理解していますか?

ここでは、「育毛剤とは何か」に重点を置いて、育毛剤についての基礎知識をおさらいしていきたいと思います。

育毛剤について5つの基礎知識

1.育毛剤とは

まず、「育毛剤とは何か」についておさらいしましょう。育毛剤とは、その名の通り、毛を育てるものです。今生えている髪の毛を、丈夫に育てることで、薄毛解消につながります。

2.種類と効果

育毛剤の種類は大きく分けて5つあります。

1.頭皮の血行を促進してくれるもの

頭皮の血行が良くなると、毛根に栄養が十分に行きわたるようになり、育毛促進の効果が期待できます。頭皮に直接つけるものが主流ですが、飲む育毛剤もあります。

2.男性ホルモンの働きを抑えてくれるもの

男性ホルモンの働きが強いと、薄毛になっていくことがわかっています。その働きを抑えることで、薄毛予防の効果につながります。頭皮の血行を促進してくれる育毛剤と同様、飲んで体の中から働くものもあります。

3.頭皮の余分な皮脂を取り除いてくれるもの

毛穴に詰まった余分な脂は、髪の毛の成長を妨げ、抜け毛の原因となります。余分な脂を毛穴から取り除くことで、頭皮環境が整い、髪の毛が元気に生えてくる効果があります。

4.頭皮や毛根に育毛効果のある栄養を届けるもの

いくら頭皮環境が良くても、髪の毛の生成に必要な栄養素が足りていなければ、健康的な髪の毛は生えてきません。髪の毛の生成に必要な栄養を、頭皮に直接補給することで、髪の毛が丈夫で元気になります。

5.飲んで、育毛に必要な栄養素を体の中から補給できるもの

育毛に必要な栄養素を、体の中から補うことで、健康で丈夫な髪の毛を生成し、育毛につながる効果があります。

どの育毛剤も、自分に合ったものを継続して使うことで、効果を発揮できます。

3.副作用

育毛剤の副作用、正しく理解していますか?いくつかの育毛剤の中には、副作用の心配のあるものがあります。実際、どのような副作用があるのでしょうか?

頭皮の血行を良くして育毛を促進するもの

頭皮の血行を良くして育毛を促進するものは、血圧を下げる働きがあります。特に、血圧の低い人が使うと血圧が下がりすぎてしまうなどの副作用が起こることがあります。

男性ホルモンの働きを抑制するもの

男性ホルモンの働きを抑制するものは、まれに、性機能の低下などの副作用が現れることがあります。

育毛剤は、用法用量をしっかり守って使い、もし不安な症状が現れたら使うのを一時中止し、お医者さんに相談しましょう。

4.使い方

育毛剤の正しい使い方、知っていますか?

頭皮に直接つけるものの場合、清潔な頭皮につけることが大切です。頭皮が汚れていると、育毛剤がうまく毛根まで浸透せず、せっかく良い成分が入っていても、効果を最大限に発揮できません。

正しい使い方は、シャンプー後に髪を乾かし、気になる部分に育毛剤をつけて、頭皮をマッサージします。清潔な頭皮に育毛剤をつけてマッサージすることで、頭皮の血行も良くなり、育毛剤が浸透しやすくなります。

効果はすぐには出てきません。少し使って効果がなかったからと、他のものに替えるのではなく、最低でも3か月は継続して使って効果をみてみましょう。

5.選び方

育毛剤どうやって選んでいますか?

育毛剤を選ぶ時は、どんな成分が含まれているかなどもよく見て選ぶことが大切です。まず、自分の求める育毛剤が、どんな種類のものなのか理解して、自分に合っているものを選ぶと良いです。そして、実際に使ってみて自分に合っているか試してみましょう。

効果的に使うには「育毛剤とは?」をまず知ることから

育毛剤について全てを正しく理解して使っている人は、多くないのではないでしょうか。正しい知識を持って育毛剤を選び、効果的に使用することで、薄毛の悩みも解消されていくことと思います。まずは、自分に合った育毛剤を選ぶことが最も重要です。しっかり調べて、自分に合った育毛剤に出会えるといいですね。

ブブカは外から内からWの育毛

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事