このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジルの副作用とリバウンドを防ぐ効果的な使用法

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

育毛剤の購入を検討している方ならば、育毛に効果があると言われるミノキシジルという成分の名前を一度は聞いたことがあるでしょう。では、このミノキシジルとはどのような成分なのでしょうか?育毛における効果と、同時に考えられるミノキシジルの副作用やリバウンドといったデメリットについてまとめます。

1.ミノキシジルとは何か?

ミノキシジルは、元をたどると1960年代にアメリカの製薬会社が発見した成分で、高血圧の治療薬として普及していました。服用していた患者に髭や体毛が濃くなるという多毛症の副作用が見られたことから、更なる研究開発の結果、1980年代に薄毛治療に有効な薬「ロゲイン」という頭皮に直接つける外用薬として販売されることになったのです。日本においても、ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」が現在発売中です。

2.ミノキシジルはなぜ効くの?

では、ミノキシジルはなぜ薄毛に効果があるのでしょうか?

簡単に言ってしまうと、ミノキシジルが頭皮の血管を拡張させ、血流をよくさせることによって、毛根や毛母細胞の働きを活性化させて発毛を促すという仕組みです。ストレス、食生活、様々な生活習慣によって悪くなってしまった血液循環を、ミノキシジルが活性化させることによって、髪の健全な発育につながるというわけです。

この「血流をよくする」というごくシンプルな作用が、ミノキシジルの持っている特徴です。ただし、ミノキシジルの効果は「頭頂部」の薄毛にのみ効果があるとされています。詳しい原因はまだ研究が進んでいないようですが、額の生え際には効果があまり見られないそうです。

3.ミノキシジル配合の育毛剤にはどのようなものがある?

ミノキシジルを配合した外用薬として、日本で発売されているものは大正製薬が販売している「リアップ」シリーズのみです。男性用育毛剤の「リアップX5」はミノキシジルを5%配合、女性用の「リアップジェンヌ」はミノキシジルが1%配合されています。

しかし、現在は個人輸入で海外のミノキシジル配合育毛剤を購入する人たちも増えています。海外の製品では、先の述べた「ロゲイン」(ミノキシジル2%配合のものと5%配合の製品があります)を筆頭に、5%配合の「カークランド」「エッセンゲン」、5%配合と7%配合の製品がある「ポラリス」などが有名な育毛剤です。

内服薬タイプのミノキシジル

これらの頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤とともに、ミノキシジル配合の内服薬も販売されています。主な内服薬としては「ロニテン」「ミノキシジルタブレット」などが挙げられるでしょう。こちらは一錠にミノキシジルを5mgから10mg配合しており、一日に一錠の服用で済むので、頭皮に塗布するよりも手軽で効果が高いとされています。こちらは医薬品として薄毛治療を目的とする日本国内の医院にかかった場合に処方されることもあるそうですが、価格の手頃な個人輸入で購入するケースが多いようです。

ミノキシジルとの併用で育毛効果をアップさせる成分

外用薬のミノキシジル育毛剤を使用する際には、フィステリドという内服薬と併用することが更に効果を高めるとされています。ミノキシジルが血流を良くして発毛をうながす効果があるのに対し、内服薬のフィステリドは抜け毛を防止するのが目的です。両者を使用することにより、より効果的な抜け毛予防・発毛が実感できるということです。

4.ミノキシジルの副作用にはどのようなものがある?

発毛にかなり効果があるとされるミノキシジルですが、メリットだけかと言うと残念ながらそうではありません。効果はもちろん確認されていますが、本来は医師による適切な処方が必要な医薬品であるため、副作用が起きたという例がまれにではなく、報告されています。では、具体的にミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか?

1.頭皮へのダメージ

ミノキシジル外用薬に多く含まれているアルコール分が肌に合わないという事例は多々報告されています。頭皮のかぶれ、炎症、ただれという現象が起こりえます。本来ならば、皮脂を取り除き潤いを与えなければならない頭皮ですが、逆に育毛剤によってかなりのダメージを受けてしまう場合があります。

2.循環器系への影響

持病などをもつ人であれば特に循環器系への影響は忘れては行けません。血管の拡張をうながす効果があるため、特にミノキシジルの内服薬を使用する際には注意が必要です。頭皮以外の部分の血管の拡張が起こり、その結果循環器系に影響が起こります。

3.血圧の低下

ミノキシジルは元来が高血圧治療を目的として開発された薬ですから、血圧の低下という副作用は多く報告されています。低血圧の症状がある方は、特に使用量を守らないで使用をすることは大変危険です。血圧の低下に伴い、食欲不振、疲労感が増す、性欲の減退といった症状の発生もあります。

4.初期脱毛

健全なヘアサイクルに導く過程として、ミノキシジルを使い始めた1、2ヶ月の段階で以前より髪が抜けるといった症状があります。使用を続けることによって、ヘアサイクルが正常に整い、この初期脱毛の症状は収まります。しかし長い人だと数ヵ月以上この初期脱毛期間が続き、通常より多い抜け毛に驚く人もいるそうです。
 

5.ミノキシジルをやめるとリバウンドする?

上記のような様々な副作用と同じくらい問題視されているのが、ミノキシジルをやめた場合のリバウンドです。ミノキシジルは使い続けることで効果が持続できるものです。

ミノキシジルの使用を突然やめてしまった場合、今までの反動として抜け毛が一気に進んでしまうというリバウンド事例があります。薬のおかげで保ってきた発毛効果が一気になくなることにより、そこで再び髪の毛が抜け始めてしまうのです。

しかし、服用薬であっても外用薬であっても、永遠に使い続けることはできません。いつかは必ず使用をやめる時がくるでしょう。ミノキシジルが薬である以上、それを使い続けることは、体にとっては良いことだとは言えません。目に見えた副作用が現れなかった人でも、長期に渡る服用によって徐々に体に異変が起こる可能性は決してゼロではないのです。

6.ミノキシジルのリバウンドリスクを薄めるためには

上記で説明したような副作用が起こる可能性があるとはいえ、やはり発毛効果は捨てがたいと思う人が多いでしょう。ミノキシジルによって起こりえる副作用やリバウンドのリスクを少なくするには、どうすればいいのでしょうか。
例えば、下記のような地道な努力をしながら、ミノキシジルやフィナステリドの摂取量を徐々に減らしていけば、リバウンドや副作用は軽減されるはずです。

1.頭皮環境の改善

ミノキシジルは効果がありますが、刺激物でもあります。発毛効果は実証されていますが、頭皮環境の根本的な改善をするものではありません。そこで、過剰な皮脂を取り除く、清潔に保つ、適度な潤いを与える、血流をよくするためのマッサージをする、といった根本的な頭皮環境の改善を行うことも重要です。血流をよくするという意味では、適度な運動も心がけたいことのひとつです。

2.体内環境の改善

体内環境を整えることも忘れてはいけません。発毛に必要とされる栄養素を取り入れることや、なるべく規則正しい食事を取るといった基本的な生活習慣の見直しも行いましょう。薬に頼るだけではなく、発毛につながる健康な体作りは、薬に負けない体を作るという意味でも重要なことです。

7.頭皮環境を整え、発毛へと導く自然派育毛剤

リバウンドなくミノキシジルのフェイドアウトをしたい…と考えている人に勧めたい育毛剤のひとつが、濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)です。この育毛剤は、もちろんミノキシジルを配合していません。発毛に効果があるコンブやメカブといった褐藻類から抽出したエキスM-034をたっぷりと配合したこの自然派の育毛剤は、リバウンドや副作用の心配がなく使うことができます。M-034の効果により薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑え、発毛しやすい頭皮環境を作ります。潤い成分も含んでいますので、始めにこのブブカBUBKAを頭皮に浸透させることにより、ミノキシジルで荒れがちな頭皮環境を優しく整えてくれます。

サプリメントのブブカBUBKAは発毛に必要な体作りに必要な、亜鉛やノコギリヤシなどを配合したものです。このようなものを摂取して、内側からケアしてあげるのもいいかもしれません。自然由来の成分から作られていますので、危険性はなくBUBKA(ブブカ)はミノキシジルと併用することができます。

ミノキシジルのリバウンドを恐れ、どのようなタイミングでやめたらよいか悩んでいる方がいましたら、ぜひこのBUBKA(ブブカ)との併用を試してみたらいかがでしょうか。計画的な使用法によってミノキシジルの効果も確認することができ、副作用やリバウンドも抑えることができるでしょう。

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事