このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤の副作用とは?

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

薄毛に悩んでいる方なら、一度は医薬品の育毛剤の使用を検討したことがあるかと思います。発毛効果が期待される医薬品の育毛剤ですが、効果と同時に様々な弱点があることも、使用する前にはぜひ知っておかなければならないポイントです。抜け毛の要因、そしてその要因を改善してくれる育毛剤には、危険な副作用が引き起こされるケースもあります。

1.抜け毛を引き起こす原因とは?

そもそも、抜け毛はなぜ起こるのでしょうか?
抜け毛は、ジヒドロテストステロン(以下DHT)という男性ホルモンによって引き起こされると言われています。

このDHTという物質は、もともとはテストステロンという別の男性ホルモンです。このテストステロンはその大部分が精巣で作られており、精子を作ったり、筋肉や骨格を形成したりという「男性らしさ」を促す「良い」男性ホルモンとして体内に存在しています。それが5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって、脱毛をうながす別の男性ホルモンのDHTに変化してしまうのです。

この5αリダクターゼには二つの種類があり、1型リダクターゼは、皮脂腺に多く存在し、脂性な人やにきびができやすい人が多く保有しているものです。これに対し、2型リダクターゼは毛乳頭に多く見られ、体毛や髭が濃い人に多い酵素です。研究によって、後者の2型リダクターゼが抜け毛のメカニズムに深く関わっていることが判明しています。「薄毛体質は遺伝する」とよく言われますが、それは2型リダクターゼが生成されやすい体質が遺伝されるということを意味していると言っていいでしょう。

生成されたDHTは、ヘアサイクルにおいては通常起こるはずの新しい毛の誕生を阻害してしまいます。このDHTは頭皮の血流を悪くし、皮脂を増加させる作用もあります。皮脂が増えることによって、毛穴がつまり、髪の成長は妨げられてしまいます。そのような作用により、頭皮環境は悪くなり、新しい毛が育たなくなってしまうのです。育毛剤や養毛剤はそのような頭皮環境を改善し、DHTの発生を抑制させるという効果があるということです。

2.育毛剤の副作用である”初期脱毛”はなぜ起こるのか?

育毛剤の使用を始めると、一時的に脱毛が進むことがあります。それは初期脱毛と呼ばれ、強い効果が期待される医薬品に見られる副作用のひとつです。

なぜ育毛剤の副作用によって初期脱毛が起こるのでしょうか?それは髪の生え変わりのサイクル、すなわちヘアサイクルと深く関係しています。

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの期間があります。まず、成長期ですが、髪の毛の細胞が分裂し、髪の毛が伸びる期間のことです。通常の人の髪の毛の9割がこの状態の毛であり、髪の毛が長く太く成長する期間です。この期間は約4~7年程度と言われています。

次に退行期ですが、毛母細胞の分裂が行われなくなり、細胞が退化し始めます。毛母細胞の分裂スピードが遅くなり、やがて毛乳頭などを含む毛球の部分が、徐々に頭皮の表面に移動し始めます。その下では新しい髪の毛が作られる準備がされています。通常ではこの期間は2、3週間です。

最後に休止期です。成長をやめ、分裂の止まった髪の毛は抜け落ちるだけの状態となります。抜け落ちた毛の下には新しい毛が生える準備をしています。

薄毛に悩む人のヘアサイクルはどうなっているの?

では、薄毛に悩む人のヘアサイクルはどのようなものでしょうか。一般的な人の髪の毛は、成長期の状態のものが9割と言われていますが、薄毛に悩む人はこの成長期の毛が大変少ない状態です。さらに、退行期にあたる期間がほとんどなく、そのまま休止期入ってしまいます。薄毛の人の髪の毛の約6割がこの休止期の状態にあるのです。

本来であれば成長すべき毛が成長せず、次の髪の毛が育つ時間もないまま髪が抜け落ちていってしまうため、どんどんと薄毛が進行してしまうのです。
 

育毛剤がヘアサイクルを変える・・・が

育毛剤はこの乱れたヘアサイクルを正しいものへと修正する働きを持っています。育毛剤を使うことによって、このサイクルが正常へと戻ろうとするのです。休止期にあった毛は抜け、新しい毛を作る準備を始めるのですが、髪の毛全体の6割にも及ぶ毛が抜け落ちる準備を始めるというのですから、一時的に多量の毛が抜け、薄毛が進行してしまいます。

ですから、一時的に髪の毛が抜けやすくなったこの初期脱毛の段階で使用をやめてしまうと、薄毛が進んだだけであり、育毛剤の効果は全く見られません。ですから、医薬品の育毛剤は必然的に長期間使用せざるをえなくなってしまいます

3.医薬品の育毛剤が及ぼす副作用とは?

医薬品の育毛剤は、体質に合う人には目に見える効果をもたらしてくれるでしょう。しかし、人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことが目的とされている医薬品には、それなりの副作用が伴う可能性があることを知らないままでいるのは、大変怖いことです。

医薬品の育毛剤が及ぼす副作用の一つは、先程説明した初期脱毛の期間が思ったよりも長く続くということです。薬の作用によって起こる初期脱毛は、通常だと1、2ヶ月程度だと言われています。しかし、人によってはそれが一年ほどに長引くとも言われています。それに耐えられずにやめてしまうと発毛の効果が現れることなく、育毛剤を使い始める前よりも薄毛がさらに進行してしまうということにもなるのです。

初期脱毛以外にも、医薬品の育毛剤には様々な危険な副作用が報告されています。例を上げると、血圧の低下、性欲の減退、髭などの体毛が濃くなる、倦怠感、皮膚のかぶれ、頭痛、手足のむくみなどです。

恐ろしい事例を挙げるならば、因果関係は不明とはされてはいますが、ミノキシジルという成分を含んだ育毛剤を使用していた人が数名ではありますが、循環器疾患で死亡する出来事も起こりました。このような事例はごくわずかではありますが、持病を持っている方の使用はくれぐれも注意が必要です。

上記のような強い副作用は発症しなくても、頭皮への悪影響は懸念される症状のひとつです。刺激の強い育毛剤を使うことにより、弱っていた頭皮にさらに負担をかけることになり、炎症などが起こり、なかなか治らないといった例は多々報告されているようです。

育毛剤の副作用に耐え使用を続けたとしても、育毛剤の使用をやめた途端に効果がなくなってしまうというのは、決して頭皮の環境やヘアサイクルが正常になったとは言えないでしょう。そのような副作用が懸念される育毛剤を長期間使い続けるというのは、体に負担がかかることは言うまでもありません。頭皮環境の改善のために使用していたはずが、育毛剤が合わないことにより、使用前よりも症状がすすんでしまうということは十分起こりえることです。

4.副作用の心配が少ない育毛剤は?

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は、このような恐ろしい副作用の起こりえるミノキシジルを配合していません。配合されているのは「M-034」という自然由来の成分です。これはコンブ、ワカメ、モズクなどに多く含まれており、それらから独自の手法で抽出されたものが「M-034」です。

M-034は、髪の毛を作る細胞の増殖をうながす効果があります。そして、休止期にある髪の毛もすぐには抜け落ちないようにとどめるという効果も確認されています。このM-034は、初めに説明しました5αリダクターゼがテストステロンに働きかける作用をブロックし、抜け毛にとっての原因となるDHTの生成を抑えてくれます。そのことによって自然由来の成分でありながら、髪の毛が抜けていくのを防いでくれるのです。

刺激物ではなく、ヒアルロン酸などと同様の保湿効果も確認されていますので、頭皮をいたわり、皮脂の分泌を抑えて髪が成長しやすい頭皮環境作りにも大変効果的です。

医薬品の育毛剤によって誰にでも副作用が起こりうるというわけではありませんが、飲んでみるまでどのようなことが起こるかわからないというのは賭けであり、あまり好ましいものではないでしょう。長期的な視点で考えると、一時的な強い効果を求めて副作用のある育毛剤に頼るのではなく、自然成分から作られた製品である濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)をまず使用してみることをおすすめします。

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事