このエントリーをはてなブックマークに追加

プロペシアの価格比較!(2015年4月現在)

最近やたらと抜け毛が多いことに悩んでおりまして。油断していたら前髪なんか恥ずかしいくらいスカスカです。心が折れそうな私は、藁にもすがる思いでプロペシアを調べました。

するとプロペシアには多くのジェネリック製品が存在していることが判明!製品によって価格がバラバラだったので、比較できるようにまとめてみました。

プロペシアのジェネリック(後発医薬品)とは

AGA治療薬として使用されることの多いプロペシアですが、現在多くのジェネリック(後発医薬品)が販売されています。

ジェネリック医薬品とは、特許の期限が切れた先発医薬品とほぼ同じ成分でありながら、低価格で提供できる医薬品のことをいいます。プロペシアのジェネリックとして、有名なものにフィンペシアやフィナロがあります。

プロペシア(ジェネリックを含む)の最新価格を比較する

プロペシアを購入する際に気になるのが「価格」です。ジェネリック製品を含めると、種類も多くてどれを選べばいいのか迷ってしまいます。病院でAGA治療を行う時と比べて、ジェネリック製品はどれくらいお得なのでしょうか?

プロペシア(MSD株式会社製)

病院でAGA治療を受けた時のプロペシアの価格を見てみましょう。処方されるのは、MSD株式会社(旧:万有製薬)のプロペシアになります。それぞれの病院によって若干差があるものの、価格は1箱(28錠)で7,500円(税込み)が相場のようです。

1錠あたり、約268円といったところでしょうか。また、初診料・再診料がかかる上に保険が効かないので、自己負担も大きいようです。1ヶ月で9,000円~12,000円ほどかかることになります。

プロペシア(メルク社製)

アメリカのメルク社が販売しているプロペシアの価格はどうでしょう?こちらは1箱(28錠)で5,568円(2015年4月現在)となっています。1錠あたり約199円になる計算なので、AGA治療で処方されるプロペシアと比べてお得なようですね。

フィンペシア

インドの大手製薬会社であるシプラ社が販売している、ジェネリック商品「フィンペシア」。こちらは1箱(100錠)の商品のようですが、3,123円(2015年4月現在)となっていて、1錠あたり約31円になる計算です。

かなり安くて驚きですね!これでプロペシアと同じ効果なら、文句ナシです。

フィナロ

インドのインタス社が販売している「フィナロ」。こちらも1箱(100錠)の商品で、2,542円(2015年4月現在)となっています。1錠あたり約25円になる計算です。価格だけみればフィナロで決まりですね。

フィナバルド

インドの「East West Pharma社」が販売している「フィナバルド」。同じインドのシプラ社やインタス社に比べると、マイナーな会社なようです。こちらも1箱(100錠)の商品になりますが、価格は3,123円(2015年4月現在)となっています。1錠あたり約31円になる計算で、フィンペシアと同じ価格ですね。

フィンカー

インドのシプラ社が販売する「フィンカー」は、プロペシアの先駆けになったプロスカーのジェネリックで、フィナステリドの含有量が5mgと多いのが特徴です。日本でフィナステリドの含有量は1mgまでですが、フィンカーの購入は可能なようです。

こちらも1箱(100錠)の商品になりますが、価格は4,394円(2015年4月現在)となっています。1錠あたり約44円になる計算です。フィナステリドの含有量を考えると、フィンカーも安いとも言えますね。

ファイザー

アメリカの製薬最大手のファイザー社が販売している「ファイザー」は、2015年4月6日に処方が開始されたばかりの製品です。これまでAGA治療はプロペシアが主流でしたが、「ファイザー」の登場で選択肢が広がるかもしれません。

価格差がありますが、1箱(28錠)で6,000円(税込み)で処方している病院もありました。1錠あたり約214円になる計算です。他のジェネリック製品と比較するとやや高めですね。

プロペシアジェネリックの危険性

プロペシアの価格を比較してみましたが、フィナロなどでAGA治療する場合と比べると、10倍以上も安くて驚きました。しかし、価格だけ優先して購入するのは危険が大きいようです。海外商品の様々なリスクがネット上に書き込まれていることからも、その危険性は明らかでしょう。

健康被害

海外はプロペシアジェネリックの粗悪品が多く流通しているので、健康被害のリスクがあります。酷いものは異物混入や不安定な成分が使用されていて、重篤な健康被害が起きる可能性も否定できません。ジェネリック商品の健康被害に対して、厚生労働省も注意喚起を行っています。

ニセモノの可能性

また、商品自体にも注意が必要です。WHOは、世界中に流通している医薬品の10%がニセモノであると推測しています。ニセモノには、フィナステリド自体が含まれていなかったり、健康被害の引き金になるような成分が入っている可能性があります。

外見から薬の成分までは判断できないので、見分けるのは難しいでしょう。

副作用の危険性

プロペシアは、精子の減少や勃起不全(ED)、肝機能障害といった副作用が報告されています。プロペシアのジェネリックは認可されて間もないので、未確認の副作用があるかもしれません。

ちなみに、2014年以前の古いフィンペシアには、「キノリンイエロー」という発がん性物質の疑いがある添加物が使用されていたようです。恐ろしいですね。

副作用のない育毛剤で薄毛対策

プロペシアの価格を比較してみましたが、ジェネリックは想像以上に安くて驚きました。ただ、価格の安いプロペシアには健康被害のリスク以外に、購入した商品自体がニセモノ・粗悪品という可能性もあるようです。

健康被害を避ける為にも、初めから副作用のない育毛ケアを心がけましょう。私は、BUBKAの育毛剤がコスパもよくて安全だと思います。天然成分のみを厳選して使用しているBUBKAは、副作用もありません。「安かろう悪かろう」な製品ではなく、身体に良い育毛剤を継続利用して薄毛改善を目指します!

m034を増量

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事