このエントリーをはてなブックマークに追加

リアップの初期脱毛には注意が必要

何気なく鏡を見た時、いつの間にか髪の毛がスカスカになっていました。「まさか自分が…」そう思ってしまいました。そのこともあり、育毛剤を使うことを決意しました。そして知名度の高いリアップに辿り着きました。

しかし、調べていくうちに、リアップには「初期脱毛」という症状があるため使用するには注意が必要だということが分かりました。

リアップの特徴

リアップは、大正製薬から販売されている発毛剤です。CMなども放送されており、知名度も抜群で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「発毛剤と言えばリアップ!」と言われるほどの商品なので、育毛剤の利用を考えた時に真っ先に候補に挙がりました。

リアップの効果とは

リアップの育毛の仕組みには、ミノキシジルという成分がカギとなっています。ミノキシジルという成分は、元々血圧が高い人の血圧を下げる薬として利用されていました。

治療の過程で、患者さんの全身の毛が濃くなる症状が確認され、その成分について研究した後に育毛剤の成分として利用されるようになりました。血行が良くなることで、発毛を促してくれるみたいです。

リアップの初期脱毛

実は、リアップ使用後の3~4週間後から約10日間、以前より抜け毛の量が増えるという症状が見られます。この症状を初期脱毛と言います。初期脱毛には個人差があり、ほとんど初期脱毛を感じない人もいれば、以前より極端に抜け毛が増えてしまう人もいます。

初期脱毛のメカニズム

髪の毛には、「ヘアサイクル」と呼ばれる、髪の毛の生えるメカニズムが存在します。髪の毛は一度生えたら、そのまま成長を続けることはできません。一定の時期を過ぎると、成長が止まり抜けてしまいます。

薄毛に悩んでいる人は、このヘアサイクルの成長時期を短くしたり長くしたりすることで、ヘアサイクルを正常に戻し育毛を促しています。逆に、この初期脱毛こそが、リアップが効いている証拠でもあります。

初期脱毛が始まったら

急に、抜け毛が増えたからと言って焦る必要はありません。まずすべきことは、抜けた髪の毛の状態と本数を確認することです。抜けた髪の毛の状態が、いつもより短い、細いなどと感じたら、それは育毛を始めるための土台ができたサインです。

初期脱毛のデメリット

「脱毛」と聞くと、やっぱり身構えてしまいますよね?初期脱毛のデメリットも勿論あります。

大量の抜け毛

初期脱毛には個人差はあります。ただ、圧倒的に多い抜け毛に関しては、異常を起こしている可能性があるので、すぐリアップの利用を中断した方が良いでしょう。毎日注意深く自分の髪を観察することが重要です。

長期間の抜け毛

万が一、2週間以上、以前より抜け毛が増えたという状況が続いている場合、別の原因や異常を起こしている可能性があります。初期脱毛が始まった日をしっかり把握し、自分でチェックすることが必要です。また、長期間の抜け毛が続く場合は、リアップの利用を止めることをお勧めします。

抜け毛の恐怖

初期脱毛は、髪を生やすための準備になりますが、やっぱり薄毛に悩んでいるのに、今以上に抜け毛が増えるのは怖いですよね。抜け毛が増えることに恐怖を感じるということであれば、逆にストレスになってしまうかもしれません。

初期脱毛と副作用

初期脱毛は、リアップに関わらずどの育毛剤にも起こることです。しかし、リアップの主成分のミノキシジルは様々な副作用が起こることが確認されています。「初期脱毛以外に副作用も起こるなんて…」そんな風に思うのは私だけじゃないはず…。

初期脱毛の無い、安心な育毛剤が大事

初期脱毛は、育毛のための準備ということでしたが、リアップに関しては副作用も存在するので、不安も2倍に膨らみます。ストレスがあると、髪へも悪影響を与えてしまい、ハゲが更に加速しそうです…。

無駄なストレスを防ぐためにも、BUBKAの育毛剤をお勧めします。知り合いに教えてもらったのですが、副作用がないことで安心して利用ができるので、ストレスが少なく、効果も抜群の育毛が期待できますよね。初期脱毛の不安のない育毛ケアを行いましょう!

m034を増量

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事