このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産後の抜け毛対策にオススメの育毛剤

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

薄毛といえば男性のもののように思われがちですが、最近では女性でも薄毛に悩む方が増えています。更年期以降の女性の薄毛はウィッグ等の販売もあり、以前から知られていました。しかし最近増えている悩みは、30~40代の妊娠前後における女性の抜け毛による薄毛です。

最近は女性向けの育毛剤も出ていますが、気になるのは妊娠中や授乳中の副作用。妊娠中や、出産後の抜け毛対策には添加物や化学物質を一切使用していない育毛剤がオススメです。ここでは妊娠中・出産後の抜け毛対策にお悩みの女性のために、薄毛・抜け毛の原因や、育毛剤の副作用についてまとめます。

妊娠中・出産後の抜け毛や薄毛の原因と対策

妊娠中・出産後に起こる抜け毛の原因とは

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を届けているので、お母さんの体に栄養が行き届かなくなったことで起こる抜け毛や薄毛なので、あまり気にする必要はありません。出産後の抜け毛は「分娩後脱毛症」と呼ばれ、妊娠中、出産後の女性ホルモンが大きく関わっています。この分娩後脱毛症は、出産した女性の半分が経験するといわれています。

女性ホルモンにはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があり、普段は交互に優位になっているのですが、妊娠後期はプロゲステロンのみが優位になります。そうすると、その時期に自然と抜けるはずだった髪の毛が抜けなくなるのです。

出産後にプロゲステロンの量は元に戻り、こんどはエストロゲンが優位になります。エストロゲンには毛周期を正常にし、髪の毛を成長させる働きがあるので、妊娠後期に抜けていなかった髪の毛がいっきに抜けます。これが分娩後脱毛症だと考えられています。

この症状は出産による一時的なもので、1~2年で緩やかに元に戻っていくといわれています。卒乳したあとに少しずつ生えてくるケースが多いようです。

妊娠中や出産後の薄毛が心配な方は

一時的とはいえ、妊娠中や出産後にいきなり大量に髪が抜けてはやはり心配になりますよね。少しでも早い発毛をうながしたければ、育毛剤やサプリメントを使いましょう。副作用があるのでは…と心配に思うかもしれませんが、自然由来のものを選べばその心配もありません。

妊娠中や、出産後の抜け毛対策には添加物や化学物質を一切使用していない育毛剤がオススメですが、安全のためには必ず医師の指導に従うようにしましょう。

産後は貧血になりやすいだけなく、赤ちゃんのお世話で生活習慣も乱れがちです。ストレスや睡眠不足で頭皮の血行が悪くなり、貧血も重なって毛根に酸素が十分に行き渡っていないことが考えられます。

鉄分の他に亜鉛が不足している可能性もあります。産後の女性の中には抜け毛だけではなく、爪が薄く割れやすくなるという症状のある方がいます。爪は髪の毛と同じケラチンというタンパク質からできています。そしてそのケラチンを髪の毛や爪に変えるために必要なのが亜鉛です。

亜鉛が太くコシのある髪の毛、強く健康な爪の生成をサポートしてくれます。亜鉛が多く含まれている食品は、肉類・魚類・穀物類になりますが、亜鉛不足が気になる場合には亜鉛が含まれているサプリもオススメです。

一般的な女性の抜け毛・薄毛の原因と対策

妊娠・出産後の抜け毛・薄毛になり、卒乳してもなかなか抜け毛・薄毛が元に戻らない・・・。そんなときには、その他の原因が考えられます。一般的な女性の抜け毛・薄毛の原因についてもご紹介します。

女性の薄毛の原因1.頭皮の血流不足

よく女性の薄毛の原因として、ストレスや睡眠不足、冷えが原因といわれますが、それらによって引き起こされるのが頭皮の血流不足です。人の頭には毛細血管が無数に通っており、地肌に酸素などの栄養を届けています。そのため、血流が悪くなると毛根へ送られる酸素の量が不足して髪の毛が細く弱くなり、抜け毛につながるのです。

これは男性の薄毛にも当てはまる原因の1つでもあるのですが、女性の場合は、特に貧血気味(鉄分不足)の方が多く、そのためストレスや冷えなどで毛細血管が萎縮するといっきに酸素が行き渡らなくなるのです。

女性の薄毛の原因2.食生活の乱れ

頭皮の血流不足と同じく女性の薄毛の原因の1つになっているのが、過剰なダイエットや偏食による食生活の乱れです。
貧血の原因である鉄分不足の他に、亜鉛不足、脂肪分や糖分の取り過ぎも抜け毛を進行させる原因になります。

髪はケラチンというタンパク質から出来ているのですが、そのケラチンを髪の毛に変えるのに亜鉛が必要になってくるのです。薄毛の悩みを抱えている女性はストレスフルな仕事をしていることが多く、食事も加工品で簡単に済ませがちです。しかし、その加工の段階で亜鉛や鉄分など必要な成分が抜け落ちてしまうのです。

どうしても自炊が難しいという場合は、サプリメントなどを使って上手に摂取する必要があります。亜鉛が不足すると、鉄分不足と同じように細く弱い髪の毛になってしまいます。また、細胞の分裂や再生がうまくいかないために肌が荒れたり、髪と同じくケラチンからつくられている爪も弱くなってきます。

脂肪分や糖分を取り過ぎると、顔にニキビができるのと同じように頭でも皮脂が過剰に分泌され、毛穴をふさぎ、抜け毛を引き起こします。食生活が乱れている人はこれらが同時に進行していることが多いため、抜け毛が加速しやすくなるのです。

育毛剤の噂、育毛剤を使うと妊娠しづらくなる?

薄毛に悩んでいて育毛剤の使用を考えている方は、こんな話を耳にしたことはないでしょうか。

「育毛剤を使うと妊娠しづらくなる」

ですが一般的な女性の抜け毛や薄毛の原因に、ホルモンは関わりません(更年期以降の薄毛を除く)。女性向けの育毛剤の多くもホルモンに作用しない成分が使われています。そのため、育毛剤を使ったからといってホルモンバランスが乱れ、妊娠しづらくなるという副作用が起きるとは考えられないのです。

育毛剤の副作用が理由ではなく、冷えやストレス、睡眠不足など、薄毛を引き起こしているのと同じ原因によって、妊娠しづらい体になっているのだと考えられます。

女性にオススメなのは、副作用の心配がない育毛剤

一般的な薄毛の場合も、産後の薄毛の場合も、おすすめは頭皮の血行をよくするタイプの育毛剤です。女性専用のものより、男女兼用の育毛剤にこのタイプのものが多いです。

妊娠出産を考えている、また授乳中なのであれば、副作用の心配がない自然由来の成分の育毛剤が安心でしょう。不妊治療をされている方の中には不妊薬と育毛剤を併用してもいいのかどうか悩まれる方もいらっしゃると思います。自然由来の成分であれば不妊薬と併用しても問題ないのですが、心配であれば一度お医者さんに相談してから使用されることをおすすめします。また、どうしても育毛剤は心配……でも頭皮や髪にいいことを何かしたい、と思われる方は、育毛シャンプーからはじめるのがいいでしょう。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は女性にもオススメ!

頭皮の血行を促進するタイプの育毛剤でオススメなのは濃密育毛剤BUBKAです。M-034という成分が使われており、褐藻類からエキスを抽出している天然成分なので安心です。血行促進だけではなく保湿作用もあり、髪の生えやすい頭皮環境を整えてくれます。

また、BUBKAからはスカルプシャンプーも出ています。普通のシャンプーは洗うたびに頭皮の脂を除去してしまうのですが、BUBKAシャンプーは濃密アミノ酸配合なので潤いが保たれます。リンスやトリートメントを使う必要がないタイプなのも、忙しい女性には嬉しいオススメポイントです!

女性は1日に7mg以上の亜鉛摂取を!

育毛剤と同時に食生活も改善するのも良いでしょう。サプリメントを一緒に飲むのであれば、違うメーカーよりも同じメーカーのほうが安心です。濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)からはBUBKAサプリという亜鉛を含んだサプリメントが出ています。

2005年度版の「日本人の食事摂取基準」によれば、女性は1日に少なくとも7mg以上、亜鉛を摂取することが推奨されています。このBUBKAサプリでは、5粒で10mgの亜鉛を摂取することができます。厚生労働省の定める許容上限摂取量が30mgですから、普段の食事から取れる分と合わせても取り過ぎということはありません。身体の内から、外から環境を整えて行う育毛をオススメします。

ブブカ育毛剤は身体に優しく育毛効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事