このエントリーをはてなブックマークに追加

使い方にはコツがいる!? 初めてチャップアップをつけてみた

最近ではハゲの客に対して「ハゲ割」なる割引サービスを実施しているホテルや居酒屋もあるようですね。「ようやく、ハゲを有効活用できる時代がやってきていたか」と私も一瞬浮足立ったものですが、電車の窓に映る自分の姿を見てテンションは一気に撃沈(苦笑)ハゲを“楽しむ”のは、まず育毛にチャレンジしてからですかね…。

そんな私が先日一縷の望みを託し購入したのが口コミでよく話題に上る「CHAP UP(チャップアップ)」。今回はその初回使用感をご報告しようと思います!

まずは試しにワンプッシュ!

チャップアップ1
本体はこのようなシンプルなボトルになっていて、だいたいの液体の残量を確認することができます。育毛剤というと頭にトントンとのせるイメージですが、これはスプレータイプの模様。

チャップアップ2
まずは手のひらにワンプッシュ。すると「シュッ」と勢いよく育毛剤が出てきました。テクスチャーは意外とサラサラ。色は透明で、香りもわずかながらありますが気になるレベルではありません。

課題は噴射の“勢い” 使い慣れるまでには時間がかかりそう

では早速頭皮にチャップアップを使ってみます。説明書によると、まずこのチャップアップは髪が渇いた状態で使うようにとのこと。悲しいかな、タオルドライですぐに乾いてしまう毛量の私は、取り敢えず風呂上がりに使ってみました。

髪を分けながら、生え際にシュッ! とここで早速問題発生。噴射の勢いがよすぎて地肌でなく毛の部分にもかかってしまいます。おまけに1回のプッシュで出る量が結構多い。

チャップアップ3

とは言ってもこれを数プッシュしてまんべんなく行きわたらせればいいのか…と思いきや、えっ、これを30回!? 説明書によれば1回に使う量の目安は約4ml。これがだいたい30プッシュ分に相当するそうです。

チャップアップ4
仕方なく様子を見ながら30プッシュしてみましたが、案の定液ダレ状態に。おまけにつけ終わる頃には髪がベタベタ…う~ん、これはどうしたものか。

規定量を上手につけるコツは?

さんざん悩んだ末、私なりの解決策としては1日数回にわけて使うのがよいのではないかと思います。まずは夜寝る前に15回。そして翌朝にまた同じくらいの量を頭皮にシュッ。朝つければ、多少の寝ぐせ直しにもなるのではないでしょうか?(笑)

もしくは、頭皮に直接吹きかけるのではなく、手のひらにとってマッサージしながらつけるのもひとつの手かと。とはいえ、これから毎日使うとなると慣れるまでにはすこしコツが必要なようです。

m034を増量

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事