このエントリーをはてなブックマークに追加

リアップに口コミ通りの効果はあるのか?実際に使ってみた!

発毛剤の中でもとくに有名なリアップ。前回・前々回では注文と開封の様子をお伝えしてきましたが、今回は基本的な使用方法と、私が実際に1か月使用してみた感想などを記事にまとめてみました。

色々な方が使っているリアップにどのような効果があったのか、どうぞご覧ください!

リアップの基本情報

リアップは、リポビタンDでも有名な、鷲のマークの大正製薬が販売している発毛剤です。最初の発売は1999年と古く、国内で初めて「育毛」を謳った商品です。販売期間も長く、独自の改良を続けているため、多くの愛用者がいます。

リアップの効果

リアップは、AGA(男性型脱毛症)における発毛、育毛および抜け毛の進行予防の効果があります。わかりやすく言うと、「頭頂部の髪の毛が薄くなってきた」人に効果があるようです。M字ハゲには効果がないようです。

使用してはいけない人

リアップは男性向けの商品です。女性の方は女性用のリアップを使用しましょう。男性でも、未成年者に対しても使用は推奨されていないので、使用は控えたほうが良さそうです。また、AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛症、急激な脱毛、斑状の脱毛などには効果が期待できないので、使用は控えましょう。

予想される副作用

リアップを使用することで、以下のような副作用が現れることがあるようです。
・低血圧
・吹き出物、肌荒れ
・使用部位の発熱
・頭皮の発疹、発赤
・頭痛、めまい

使用途中でこの中のどれかが発症したら、ただちに使用を止めるか、医師に相談しましょう。

リアップの主成分、ミノキシジルとは?

リアップの成分として有名なミノキシジルには、血管を拡張する特性があります。頭皮にミノキシジルを塗布することで毛細血管の血行を促進し、発毛環境を整えるというわけです。

使用前に軽くチェック

実際に使用する前にリアップを軽くチェックしてみました。

外観・サイズ

リアップ1
いかにも発毛剤、というような黒いカラー。そして、誰かが家に来てもサッと隠せるミニサイズ。ポケットの中に入れて、外出先でも発毛ケアが出来そうです。(実際にはしないだろうけど・・・)

リアップ4
リアップ3
フタを取るとこんな感じ。根元のリングに<計量>、<塗布>と記されています。(詳しい使い方は後ほど)

ニオイ

もし薬品特有のイヤな臭いが強かったら、周りにも迷惑をかけますし、ハゲ対策をしているのがバレる可能性がありますよね?なるべくなら避けたい事態です。
・・・ということで、ニオイもチェック!

リアップ5
手に付けて匂いを嗅いでみると、アルコールのような揮発性のニオイが強めに感じられました。とは言え、このニオイなら発毛剤の使用はバレないと思うので一安心です。

リアップを使ってみた

最近気になってきた頭頂部の薄毛。若いころと比べ、髪自体のハリやコシも失われ、頭皮のスキマが目立つようになってきました。リアップでフサフサのあのころを取り戻したい。というわけで、リアップを実際に使ってみました!

シャンプー、マッサージの後に頭皮に塗布

リアップを使う際に気をつけるのが、マッサージの順番。たいていの育毛剤は塗布した後にマッサージしますが、リアップは塗布前にマッサージを行います。ミノキシジルによる血行促進の前に頭皮を揉みほぐせば、より効果が得られるからです。というわけで、丁寧にマッサージをして、リアップを塗り込みます!

リアップ8
念入りに、念入りにマッサージ。

リアップ7
血行が良くなるように優しく揉みこみます。

次に、先ほどの写真にあった<計量>の位置に黒い印を合わせて逆さにし、必要量を計量します。その後容器を上向きに戻し、液が1mlになったことを確認し、黒い印を<塗布>の位置へ半回転。カチッと音がするまでゆっくり回します
後は容器ごと頭皮に直接押し当てます。先端部分から薬液が出てくるので、気になる部分を中心に塗り込みます。

リアップ6
感想としては、かなりスースーする感じで、頭皮に染み込んでいる実感があります。血行が良くなって毛がいっぱい生えてきてくれるといいなぁ・・・。

リアップを1か月使用してみた感想

今回、リアップを1か月間使用してみました。

発疹やかぶれなどの副作用は出なかったものの、個人的には刺激が強すぎて、使用を中断しようか悩む時期もありましたが、「これも発毛のため!」と我慢して使用を続行。

しかし、結果はビミョーなもの。
確かに抜け毛は減りましたが、発毛効果は実感できなかったというのが正直な感想です。これならもっと安い育毛剤でも良かったんじゃ・・・。もちろん個人差もあるので何とも言えませんが、リアップの効果に期待しすぎるのは危険なような気がします。

author/著者
後頭部 リアップ 40代。自分では気付かなかったが、周りの指摘を受け、ここ2・3年で薄毛を意識し始める。思い返せば父親も薄毛だった。発毛ケアでフサフサのあの頃を取り戻したい。

m034を増量

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事